本文へスキップ

大人の出会い系サイト Joy倶楽部 非日常をプロデュースします。

大人の出会い系サイト Joy倶楽部・お問い合わせはE-Mail

E-Mail

大人の出会いをプロデュース

大人の出会い系サイト Joy倶楽部

大人の出会いコラム403お知らせ

スポーツの体験を活用する
【問1】
地元の友だち何人かで挑んだ合コン。実は中学生のときに走り高跳びで「校内2位」になったことがあり、友だちがその話を披露してくれた。「すごーい!」と驚いている女性チームに、どう言えばいいか? (難易度★★)

(1) 「うひゃー、テレくさくて、この場から高跳びしたくなっちゃうよ」

(2) 「1位になれなきゃ、2位もビリも同じことだからね」

(3) 「いやいや、べつにぜんぜん大したことないから」

【問2】
高校時代の部活の話題になり、狙いをつけている女性がテニスで国体に出た経験があることが判明。実は自分も元テニス部だが、ほぼ幽霊部員だった。どう返すのが適切か? (難易度★★★)

(1) 自分がテニス部だったことは言わずに、相手の実績を称賛する

(2) 「俺もテニス部だったんだよ」と同類であることをアピールする

(3) 正直に幽霊部員だったと白状して「雲の上の人扱い」をする

【答1】(1)-2 (2)-0 (3)-5

【解説1】 その手の「意外なウリ」は、友だちが披露してこそ値打ちがあります。ただ、「校内2位」という成績が、やや微妙。もちろん十分にスゴイい栄光ではありますが、(2)だと「調子に乗りすぎ」の印象を与えてしまうかも。ここは余計な策を弄さず、(3)のようにぼくとつに謙遜しておくのが、せっかくのウリを手堅く活用するセオリーです。(1)は確実に場を凍りつかせそうなセリフですが、乾いた笑いを生んで、結果的に親近感をアピールできるかもしれません。

【答2】(1)-5 (2)-0 (3)-3

【解説2】 何の遠慮もなく称賛できる実績です。まして「テニス部つながり」というネタまであれば、(2)のように活用したくなるのが人情。しかし、幽霊部員だったヤツと同類扱いされたら、本人はさぞ不本意でしょう。(3)はまだ、かろうじて「テニス部つながり」をプラスに生かしています。ただ、ここは(1)こそがベストの選択。あるだけのネタを引っ張り出してくるのではなく、時にはグッとこらえるのも、大人の合コンニストの奥ゆかしさであり危機管理です。

8〜10点の判定文 ともにいい汗を流す関係に近づけそうです。

4〜7点の判定文 さわやかにぶつかれば勝機が見つかるはず。

0〜3点の判定文 参加することに意義を見つけましょう…。

今日の格言 スポーツの秋に恥じない戦いを!

イメージ
大人の出会い系サイト Joy倶楽部


サイトイメージ

informationサイト情報

大人の出会い系サイトJoy倶楽部

URL
http://www.joyclub-mp.com/

Address
joyclub.mp@gmail.com