本文へスキップ

大人の出会い系サイト Joy倶楽部 非日常をプロデュースします。

大人の出会い系サイト Joy倶楽部・お問い合わせはE-Mail

E-Mail

大人の出会いをプロデュース

大人の出会い系サイト Joy倶楽部

大人の出会いコラム529お知らせ

昔と今で異なるセックス観【アダム徳永のスローセックス】
私は日本の女性は世界で最高に素晴らしい存在であると誇りに思っています。日本の女性ほど、繊細で気配りができて、献身的で思いやりがあって優しい民族はいません。

この日本女性がほんとうの幸せなセックスを知ったならば、どのようになるのだろうとワクワクします。羞恥心でセックスを敬遠してきた女性が、セックスを大切なこととしてとらえ、恥じらうことなくセックスと向き合うことができたら、女性の愛情と幸福度は高まり、男女の愛の関係はより深いものとなると確信します。
 
なぜ私たちはセックスを恥ずかしく思うのでしょうか。それは子供のころからの刷り込みによるものです。社会の環境がそのような意識をもたらしたのです。江戸時代は性にたいしてとても大らかでした。

銭湯には男女の間切りがなく、老若男女がオープンにカラダを洗っていたのです。「夜這い」という文化もあり、農村ではセックスが唯一の楽しみで、みんなが恥じらうことなく謳歌していたのです。

男子は13歳で筆おろしの儀式があり、神社のお社で村の女性たちが1対1で指導するのです。女性の厄落としには、旅ゆく男性に声をかけセックスをして、もらったお金を神社に寄付するという習慣があったのです。

性器を祭った神社が全国にあるのは、それだけセックスを大切なものとして扱ってきたのです。これが日本人のセックス観だったのです。

セックスを恥じらうようになったのは、明治維新以降のことです。西洋の文明が入ってからのことです。それはまさに宗教の価値観が反映された文化が入ってからのことなのです。当時西洋人が日本を視察して、混浴の風景に日本人の野蛮で低俗な文化を蔑んだといいわれています。

キリスト教ではセックスは子供を作る行為で、避妊は許されません。女性が快感を得ることは神さまへの冒涜になるのです。当然自慰行為は快楽を貪る行為として禁止されていました。

1950年までアメリカではオーラルセックスを禁じた州があったほどです。私たちがセックスに対して罪悪感を持つのはここからきています。

でも時代は進化し、何千年も前に記された教えも風化しています。いつまでもセックスを罪悪視し、恥ずかしく思う時代ではなくなっているのです。

これからはセックスは素敵なことだという意識を持ってほしいと思います。そして堂々と「セックスが大好き」「最高のセックスを愛する男性としたい! 」と口にしてください。セックスにたいして後ろめたさをなくしましょう。

イメージ
大人の出会い系サイト Joy倶楽部


サイトイメージ

informationサイト情報

大人の出会い系サイトJoy倶楽部

URL
http://www.joyclub-mp.com/

Address
joyclub.mp@gmail.com