本文へスキップ

大人の出会い系サイト Joy倶楽部 非日常をプロデュースします。

大人の出会い系サイト Joy倶楽部・お問い合わせはE-Mail

E-Mail

大人の出会いをプロデュース

大人の出会い系サイト Joy倶楽部

大人の出会いコラム629お知らせ

逆ナンからの情熱的セックス イタリアン・ハーフは言葉責めがお好き?
ビッチ活動をする過程では、当然いろいろな男性と出会い、セックスすることになります。以前ご紹介した「蹲踞スタイル」など、人によっていろんなセックスの仕方があるんだなと感じられることはビッチ活動の醍醐味です。同じ日本人でもこれだけセックスのバリエーションがあるのだから、世界各国の男性となればもっといろんなプレイが楽しめるかもしれない。そう考えていた私に、少しだけそれを体験できる機会がやってきました。今回は、ほんのり国際的なセックスのお話です。

ある日の夜、いつものようにビッチ友達とビッチ活動に繰り出した私。この日は次の日が休日だったということもあり、私たちはクラブへ行くことにしました。私たちがクラブへ行く目的は、大好きなHIP HOPを楽しむこと+いい出会い(セックス)に巡り会えうことの2つです。好きな音楽を聴きながら未だ見ぬよきセックスへの可能性を探すなんて、これ以上ない最高のシチュエーションですよね。

クラブに入って約1時間、そんなことを考えながら重低音に身をまかせていた私たちの目に飛び込んできたのは、つい先程入店してきたと思われるイケメン2人組です。早速、ビッチ友達との作戦会議が始まりました。

「あの2人、よくない?」「うん、いいかも」

こういった状況になった時、逆ナンの役をやらされるのはなぜか大体私。「もう二度と会えない人かもしれないし、答えはYESかNOのどちらかしかない。50%の確率に懸けて、とりあえず声かけてみよう!」というのが私のビッチ・スピリットなので、まあいいのですが……。

逆ナンからのプチ・インターナショナルな出会いイケメンの1人がトイレに行った隙を見計らい、残ったイケメンに声をかけてみました。ずーっと見ていたくせに、「今日、誰と来てるんですか?」と白々しく話しかけた私。彼は逆ナンに多少驚いた様子でしたが、「友達と2人で来てるよ」と答えてくれました。そうこうするうちに、もうイケメンがトイレから戻り、ビッチ友達も呼び寄せて4人で話すことに。
そのうち、イケメン2人がイタリア人のハーフだということが判明しました。冒頭に「ほんのり国際的」と書いたのはこの理由からです。やたら顔が濃いイケメンだなと思っていたけどそういうことだったのか、と納得。普通に日本語で話していたので、クラブでの暗がりでは彼らがハーフだとはわかりませんでした。

2人とも28歳で、名前はビルとレオナルド。これはニックネームで、本名はもっと難しいものであったのですが忘れてしまいました(泣)。会話が盛り上がりみんなでお酒を飲んでいるうち、私が気に入ったのはビルの方で、ビッチ友達はレオが気に入ったのがわかりました。このビッチ友達とは男性のタイプがかぶることがないので、こういう時は非常に助かります。

そうこうしているうちに、自然と私とビル、ビッチ友達とレオの二手に分かれ、それぞれ楽しむという流れになりました。しばらくしてビルにキスされ、「よっしゃ!!キタ!!」と喜びを噛み締める私。今日はこのままホテル行けるかな~と思っていると、ビルは翌日仕事であることが発覚しました。この時ほど悲しみに打ちひしがれたことはありません。セックスできるかも……♡と思っていたのにそれが叶わないと知った時は、まんまんや子宮さえも「もうガッカリだよ……」と言っているような気がします。ムラムラが爆発しそうになりましたが、今度の週末に絶対にデートしようと約束をして、ビルと私はクラブを後にしました。そしてその約束通り、週末にビルとのデートが決定。

当日、私とビルは横浜のみなとみらいでデートをしました。お付き合いしているわけではありませんが、夜景がキレイでものすごくデートっぽくてロマンチック。ビルは、日本とイタリアを行き来しているらしく、大体の日本語はわかりますが、時折私が発した言葉について「それってどういう意味?」と質問をしてきます。日本人男性との会話にはないこんなやりとりが新鮮で、とても楽しい時間を過ごせました。

そして終電が近くなり、お決まりの「この後どうする?」という話題に。私は「泊まらない?」といつものビッチっぷりを発揮したのですが、ビルは「ホントにいいの?」と私の意思を再度確認。この前は会ってすぐキスしてきたのに、なんで?と無駄にイラッとした私ですが、「うん、一緒にいよー」とぶりっ子気味に答えました。

イタリアン・セックスのポイントは言葉責め?ホテルに入って、一緒にお風呂に入りながらイチャイチャする私とビル。
ハーフといえども情熱的なイタリア人の血が流れている彼は、しきりに「すっごくキレイだよ」「かわいいね」と褒めちぎってきました。日本人の男性に同じことを言われても「なんだコイツ、わざとらしいなあ」とひねくれた受け取り方をしてしまう私ですが、外見がイタリア風の彼に言われると素直にその言葉に酔いしれてしまいました。たまたまビルが情熱的だっただけで同じイタリア人ハーフでもセックス中は無口な人もいるだろうし、自分でも短絡的だな~と思いますが、これも一種の白人コンプレックスなのかもしれません。

肝心の(?)ビルのちんちんですが、大きさは大体15cmほどで色は白く、よく言われるように日本人よりも若干柔らかめでした。しかし、お風呂でイチャついている時と同様に「感じてる顔もすごくかわいい」「かわいい声出すんだね」とある意味での言葉責めをされながらのセックスは興奮度も高く、またビルは続けて3回も4回もできるタフなタイプだったので、私は本当に幸せな時間を過ごせたと思います。さらに、ビルは細マッチョな体型だったので、裸体はあのダビデ像を彷彿とさせるような美しさがありました。芸術品のような彼の身体を存分に味わえた私は大満足。もちろん、別れ際に次のデートの約束をこぎ着けました。

ビルとのセックスが気に入った私は、今度はハーフではなく本場のイタリア人とセックスしてみたいな~と思っています。イタリア人でもアメリカ人でもいいけど、言葉が一切通じない状態で行うセックスってなんだか楽しそう……。そんな思いを胸に、とりあえず動画サイトで白人男性×日本人女性のセックス動画を探してオナニーをし、イメトレに励む予定です。


イメージ
大人の出会い系サイト Joy倶楽部


サイトイメージ

informationサイト情報

大人の出会い系サイトJoy倶楽部

URL
http://www.maneimal.co.jp/~joyclub/

Address
joyclub@mail.maneimal.co.jp