本文へスキップ

大人の出会い系サイト Joy倶楽部 非日常をプロデュースします。

大人の出会い系サイト Joy倶楽部・お問い合わせはE-Mail

E-Mail

大人の出会いをプロデュース

大人の出会い系サイト Joy倶楽部

大人の出会いコラム636お知らせ

一家の父・長男・次男を制覇したビッチと、絶対にセックスを断らないビッチ
ビッチって、一言でいってもいろいろあると思うの。

常に寂しくて男なら誰でもいいとか、自らナンパされに行くタイプもいれば、私のように気に入った男とは付き合ってなかろうがやりたくて仕方がなくなるタイプとか。

今回は私の友達の特殊なビッチを紹介するわね。

一家の父・長男・次男を食いモノにしたビッチ彼氏はもう5年近くいないという25歳の派遣OL、ヨウコ(仮名)。彼女の口癖は「彼氏がほしい〜!」であるが、無論、5年間セックスをしていないわけではない。

高校生の頃から、セックスをするためだけに「今から一時間以内に会える人」を出会い系で探しては、会ってすぐにセックスだけしてバイバイ、という性的に乱れすぎた日々を繰り返し、イケメンを見ると恋愛の駆け引きや付き合う付き合わないのやりとりを全てすっ飛ばしてすぐにセックスに持っていく。

ヨウコの座右の銘は「性格よりチンコ」であり、「チンコ大好き〜」と堂々と言い放つ。そんな女性は私の周りに何人かいるので何とも思っていなかったわけだが、なんとこの間「今から18歳食べてきます」との実況報告のLINEが届いた。

蜜柑様は10代の頃から20代30代とばかり遊んだり付き合ったりしてきたものだから、10代とはまるで経験がないのよ。さらに女子校だったから、10代の男との接点がまるでない。ヨウコの話に興味が膨らんだので、先日飲みに誘って根掘り葉掘り聞いてきたわ。ちなみに「満18歳以上」で高校も卒業している男の子なので条例には抵触していない。

――で、18歳ってどんなセックスするの?

「普通だよ、普通!超ノーマル。でも可愛かったな〜、一生懸命で」

――彼氏ほしいと言うわりに、「付き合いたい!」とかはならなかったの?

「18歳だもん、ありえないでしょ」

――ヤりたかっただけか……かわいそうに、18歳……。

「イケメンで、とりあえずおいしそうだったもので(笑)」

――それにしても18歳って……どこで知り合うわけ?

「元セフレの弟と偶然駅で会って番号交換して……」

―――はああああ!!??

「元セフレはもともと私と同級生でね、これがまたイケメンなんだ、生田斗真みたいな」

―――穴兄弟が実の兄弟ってどうなの?そんなの初めて聞いたわよ。

「実を言うと、そのお父さんもヤッちゃってるんだけど」

―――えええええええ!!!???親子どんぶり……?

「その家のDNA欲しい!ってくらい全員イケメンなんだよね。父・兄・弟、制覇しちゃった〜」

セフレの父親とは、たまたま昔、彼女が水商売でバイトしていた時に知り合って枕をしたらしい。……一家揃ってヨウコの餌食になっているだなんて……父も長男も次男もその事実は知らないようだが、知ったらどんなに動転することだろう……。

誘われたら断らない系ビッチお色気ムンムン系お姉さんの30歳、美容アドバイザーのエリカ(仮名)。セックスが好きなわけではないが、セックスに対しての価値観がとても軽い。男に対して許容範囲が広く、男に優しいため、「誘ったら来るんじゃないか」という印象を猛烈に与えやすい。もちろんモテるタイプの女だから選べばいくらでも相応の男がくるというのに、好みじゃない男でも簡単にヤってしまう。

先日、エリカを誘って友人である某歌手グループたち5人と共に西麻布で飲んだ時のこと。悪ふざけした男のひとりが、エリカの下着の中にローターを突っ込んだ。私はその時そのことに全く気付かず楽しくカラオケをしながら盛り上がっていたのだが、いつの間にかエリカと男のひとりが消えていた。一番仲の良い男にどこに行ったのか聞いてみると、「ローターで3回くらいイかされた後にどっか消えたよ」との返答が……って、ええええええええ!!!

エリカを心配し、探しに行こうとエレベーターまで走ると、非常階段のほうで何やら声がする。行ってみると、エリカはあられもない姿で思いっきり立ちバックでセックスをしていたわ……。モロに喘ぎ声を聞いてしまった私は無言で部屋に戻った。全く、お盛んなんだから。

――で、大丈夫だった?

「え〜、あんなのよくあることだよ〜」

――いや、普通ないから。ホテルに消えるとかはあっても、非常階段はないわよ。

「ノリだよ、ノリ」

――あの男気に入ったの?

「全然タイプじゃな〜い。でも、手引っ張られたからそのままやっちゃった」

――普通、ローター突っ込まれた時点で怒ると思うんだけど。

「うーん、『いい?』って言われたら、まぁいっか、って思っちゃうんだよね」

そんなエリカはお持ち帰りの交渉をされる際、断ったことが今まで一度もないという。

そして、一日に3人の男とのセックスをはしごすることも珍しくはない。性欲が旺盛なわけでもなければ男たちを気に入っているわけでもない。でも、誘われたら断らない。セックスを重要なものだとも思っていなければ、暇つぶしくらいにしか思っていないのだ。男からしたら恰好の餌食なわけである。

セックスの価値観は人それぞれである。私は気に入った男がいたら自ら抱かれに行きたいと思うタイプである。好きな男に抱かれている時ほどの幸福感はないと思っている。でもそれを「付き合ってもいないのにセックスするなんてありえない」と言う女もいるだろう。付き合っていようがセックスは苦痛という友人もいる。

私にとってセックスは重要なものだ。抱かれたい男に抱きたいと思ってもらえることほど嬉しいことはない。それが遊びだとしても恋愛感情がなくても。

抱かれたいと思った男に抱かれてみたものの、性癖が特殊だったり相性が合わなくて「もうこんな男無理」と思ったことは何度もある。それでも後悔したことはない。全て自ら抱かれに行っているからだ。

周りの友人のセックスの価値観はいわゆる「普通」とズレている女性が多いため、話を聞いていると面白い。

ちなみに蜜柑様、最近一番長くて頻繁だった男とやっていないものだから、最近は珍しくご無沙汰。この人にどうしても抱かれたい!って男を見つけるために、出会いの場に顔を出すのもいいけど、今は自分磨きの真っ最中よ。抱かれたいと思った男に抱かれている時の自分は、絶対に美しくありたいもの。結局私は自分のことが一番好きなんだと思うわ。

男に食われるなんてありえない、絶対に私が食ってやるわよ。

イメージ
大人の出会い系サイト Joy倶楽部


サイトイメージ

informationサイト情報

大人の出会い系サイトJoy倶楽部

URL
http://www.maneimal.co.jp/~joyclub/

Address
joyclub@mail.maneimal.co.jp