本文へスキップ

大人の出会い系サイト Joy倶楽部 非日常をプロデュースします。

大人の出会い系サイト Joy倶楽部・お問い合わせはE-Mail

E-Mail

大人の出会いをプロデュース

大人の出会い系サイト Joy倶楽部

大人の出会いコラム666お知らせ

まさに陰と陽! まんこちゃんがぺ二手芸作家の増田ぴろよさんに突撃インタビューしてきたよ!
まんにちは!
わたしはまんこちゃん。前回に続き、忙しいろくでなし子さんの代わりに今回もこのコーナーを担当することになったので、よろちくびだよ。
まんこ、この2週間みんなからフューチャーされてご機嫌だったんだけど、まん個展の奥の2部屋もとってもまがまがしくてヤバかったの知ってる!?
今回は、その奥の2部屋でろくでなし子さんと個展を開いていた、ぺ二手芸アーティストの増田ぴろよさんにお話をうかがうよ!

ぺ二手芸というのは、

ペニスをモチーフにしたテキスタイルを用いた手芸作品。

ろくでなし子さんが「まんこ」なら、増田ぴろよさんは「ちんこ」ってわけ。

――ぴろよさん、まんにちは! あ、ぴろよさんには『ちんにちは!』だね。今日はよろちくびだよ。

ぴろよさん(以下ぴ)「まんこちゃん、ちんにちは(笑)。まん個展は大盛況だったね」

――それは同時開催の増田ぴろよさんの展示のおかげだよ!ぴろよさんの作品を目当てに来たお客さんが大勢で、ついでにまんこを観てくれて、ありがたかったよ。
ぴろよさんのキルト作品をメインにした「ぴろよの針仕事」というブースと、アイドルへの懺悔と祈りのための祭壇をテーマにした「鬼女」というブース。
この2部屋のまがまがしさには、子連れできたお客さんの子供が大泣きしていたね。
「鬼女」ブースにはアイドルファンの方からのお供えものが連日絶えなかったし。
まんこも、ビラビラに見立てた貝のヒモのおつまみをお供えしたよ!

ぺ二テキスタイル、親族の写真の布を切り刻み作ったこのキルトは、

ちんこの形でありながら、原子炉も模しているんだってね。

これはアイドルへの懺悔と祈りのための祭壇「鬼女」。
インドの女神カーリーの神殿を模したブースには、アイドルファン(信者)からのお供え物(CDやグッズ)が日々増えていってたね……まんこびっくりだったよ!

ぴ「信者同士がCDを交換(布教)しあったり、交流も生まれるスポットになっていました。まんこちゃんにも供養してもらえて光栄よ」

――ぴろよさんは、ぺ二手芸部部長の肩書きの他、ろくでなし子さんと同じ「日本性器のアート協会」の協会員でもあるんだよね。

ぴ「そうなの。協会員が二名のみの協会(笑)」

――ちんことまんこの二人が出会うきっかけは、ろくでなし子さんから聞いたよ。ある日、見知らぬ女性(ぴろよさん)からメールが届いたんだって。そこには、ペニスのアートをしていると書いてあり、あまり期待しないで作品を観たろくでなし子さんは椅子からズリ落ちるくらい衝撃を受けたんだって。

以下、ろくでなし子さんの感想を引用すると、

“ちんこのアートは、まんこほど珍しくはないんです。大体ちんこが勃起したり、なんか精子っぽいのが吹きでてる退屈な作品が多い中、増田ぴろよさんの作品はずば抜けて明るかった。一見ハイビスカス柄、ペイズリー柄なのに、よく見るとちんこというイタズラな仕掛けに大笑いしました。そして、ちんこが大好きな人というよりも、ちんこへの怒りが伝わってきて、わたしのまんこアートの衝動と同じものを根底に感じました。
次の瞬間、辻仁成氏がミポリンにシャルル・ド・ゴール空港で言ったセリフを自然と口にしていました。

「やっと会えたね」”

――ちんことまんこという対照的なモチーフでありながら、根底には「怒りと笑い」で通じる二人、とてもおもしろいね!

(少年漫画の中で初めて出てきた「クンニ」のセリフ(吹き出し)をパッチワークにした作品や、ちんんこの形をした布ナプキンなど)

ぴ「わたしは結婚してから、『ちんこ=日本の男根至上主義』への憎しみが燃えあがりました。ろくでなし子さんも言っていたけど、結婚って、社会に縛り付けられる契約なの。日本は男社会、そして日本の家族はその縮図なんだと思う」

――ぴろよさんの作品を観て、ちんこが大好きなエロい人とカン違いする人が時々いるけど。

ぴ「わたしを『ちんこの人www』って呼ぶ人は、そういった毒に気が付かない普通のいい人なんだなーと思います。男性に理解されないのはどうでもいいんですけど、同性に嫌悪感を持たれるのは恐怖を感じます。保育園を経営する女系家族という女ばかりの環境で育った私には、『同性から嫌悪されること=孤独』は死に繋がるように思ってしまう。
男根社会が望む理想像にも対応できないし、同性の群れにもうまく対応できなくてこんなことになってしまったのに、私は誰よりも同性の理解を求めているんですよね」

――わあ、なんだかすっごくこじらせてる!

ぴ「なのに、ペニ手芸には主婦のほっこり文化、つまり同性への挑発を含んでいるんですよね……。主婦界隈に見られるキラキラハッピーなほっこり文化は、日本の男根至上主義の末に生まれた奇形文化だと思ってます。
震災直後の某主婦雑誌の特集なんですけど『震災が起きても、災害用の懐中電灯を100均の手芸用品でデコればハッピー♪』なんてDIYがあったんです。そこまで追いつめられている女の孤独と狂気が、すごく怖かった……。

(このテキスタイルはキャスキッドソンのフラワーモチーフを参考にした図案『ペニスキッドソン』)

主婦雑誌やママ雑誌って性や恋愛はまったく扱われていないんです。ペニスの存在はないことにされている。日本ではペニスなしでは結婚も出産もできないのに……。ペニ手芸、ペニステキスタイルはそんな矛盾へのアンチテーゼでもあります」

――ペニ手芸は社会へ投じる一石なんだね!
ろくでなし子さんもエロい人ってカン違いされるけど、

ぴろよさんもろくでなし子さんも、性器のアートを作っていても、

セックスやエロをテーマに作ったことは一度もないのにね。

ぴ「むしろ私、性嫌悪気味ですよ。ロマンティックラブイデオロギーにも毒されてますし、オープンスケベにはなれないタイプですよ」

――そんなぴろよさんの創作の糧になっていたのは、アイドルなんだっけ?

ぴ「結婚を機に実母と絶縁したのですが、その時期が『アイドル戦国時代』と呼ばれる頃で、国民的アイドルになりゆく時のAKB48グループや、ももいろクローバーをはじめとした女性アイドルグループにハマってました。キラキラした非日常感がたまらなかったし、母性への憧れとか反逆とか、そういった思いもあったのかもしれません。
昔からジャニーズや男性アイドルグループアイドルにハマる女を見下していたのですが、ある日ショッピングモールでライブをしていた某男性アイドルグループと出会って変わりましたね。何て言うか……下半身に訴えかける力(?)って言うのでしょうか。女性アイドルグループには感じなかった、身体の底からマグマのように沸き上がるものを感じたんです」

――それを人間は「せいよく」って言うんだよ!

ぴ「……まんこちゃんのバカ!違うもん……!
でも、女子アイドル、男子アイドルそれぞれの現場を踏んで、毒母と同じ行動をしている自分に気付いたの。女子アイドルの傷付いている姿ばかり観ていたし、どこかで求めていた。男子アイドルは何も出来ないし、与えられないほど興奮しました。
長男を溺愛して、長女を虐げる毒母の気持ちを体感してしまいました……。
それで、アートとかペニ手芸とかどうでもよくなって、狂ったように追っかけしてました(笑)」

――そういえばその頃、「ぴろよさんと全然会えなかった」ってろくでなし子さんが言ってたよ(笑)。

ぴ「週末はライブ(2部制)で接触、平日はブログと番組チェックで忙しかったからね。CDさえ買えばいくらでもアイドルと2ショット写真が撮れるし、頑張ればお手紙だってもらえるし、接触中毒になってしまって……地獄でしたね。アイドルは私の神様だったんです。とにかくアイドルに欲望をぶつけてやろうって考えてました。神様が相手なんだから、私がどんな欲望をぶつけても許してもらえるだろうって……信仰だったんです。
でも、2013年12月、私の中でブームは突然終焉を迎えるの。ライブでメンバーが抱き合って涙を流してた姿を見て、『彼らも、人間なんだ……』って気付いたら急にがっかりしちゃって……。 
それで、インドへ行きました。アイドルへの執着を断ち切るために握手券をガンジス川に流しに行ったんです」

――だから「鬼女」ブースの中で、ガンジス川で沐浴している人の写真を展示していたんだね!

ぴ「ガンジス川はヒンドゥ教徒にとって『煩悩を流し、罪を清める』という意味があるんです。だから私もアイドルへの煩悩を流し、罪を清めようと思って。
さようならアイドル。さようなら接触。
ガンジス川のほとりで意を決して流した握手券は、沐浴するヒンドゥ教徒の方向に流れてゆき、ヒンドゥ教徒に拾われて……結局、握手券は私の手元に戻ってきたわ」

――ガンジス川に拒否されるほどの煩悩って、すごすぎるよ!!

ぴ「インドではコルカタの『鬼女(カーリー)寺院』で洗礼も受けたの。カーリーは女のための破壊と殺戮の女神……業の深い私にぴったりだと思って。
でもね、洗礼を受けた女だけがもらえるお札が、握手券とまったく同じサイズだったの……!!

これはもう運命だなって思って……業を手放すのは諦めました。
むしろますます業が深くなって日本に帰国しました。インドって、解脱するところじゃなくて、欲望がますますパワーアップするスポットなんだと知りました。
個展『鬼女』では、アイドルとの2ショットやお気に入りのブログ画像をびっしり敷き詰めたモザイク画で、鬼女(カーリー)の御神体を再現しました」

――ひぃ!怖すぎて、まんこが膣けいれんしちゃうよ!

ぴ「お陰で帰国後は、全身全霊で作品作りに集中できました。ずっと自分には苦手だと思っていたパッチワークが、実はとても向いていることにも気付けました。

(切り刻んだペニステキスタイルを用い、リボンや家などのかわいい図柄を丁寧にパッチワークにした作品)

リボンや家などの図案には『絆』という意味を込めています。

展示のテーマは『男根を切り刻んで消滅させる』です。ちんこのイメージ(ペニステキスタイル)を切り刻み、消滅させるためのキルトワーク。すべての父と息子と、それに繋がるものを切り刻み、消滅させたかった。私が執着を手放すために必要だった。
男根を切り刻んで消滅させて、もう一度再生させる、みたいな願いが込められています」

――パッチワークといえば、キャシー中島先生だよね。

ぴ「キャシー先生はすごいの!時間と愛情を込めて男性が嫌がるものを作るの!
キルトの裏地はキャシー中島ミュージアムで仕入れた布を使っています♡」

――今回のぴろよさんの作品はまさにそれだね。怒気迫ってる。みんな、会場に入って、まんこはこんなに明るいのに奥のちんこの部屋のヤバさに驚いて……そして心癒されていくよ。

ぴ「ろくでなし子さんは『社会』に向けてまんこをPOPに解放しているけれど、わたしの作品はどこまでも内部に、『個』に向かっています。それは図らずも、いわゆる世間一般的なちんこ観、まんこ観の印象と逆転していてとてもおもしろいです」

――打ち合わせもしていないのに、こんなにぴったり逆転した陰と陽が重なるなんてすごいことだね!

ぴ「来年は、わたしはちんこのお葬式、なし子さんはまんこの結婚式をテーマにした展示でまたコラボができないかと企んでいます」

――とっても楽しビラ!ぴろよさん、ガバまんこ(がんばれ)!!!

ぴ「ガバまんこ!!!」

イメージ
大人の出会い系サイト Joy倶楽部


サイトイメージ

informationサイト情報

大人の出会い系サイトJoy倶楽部

URL
http://www.maneimal.co.jp/~joyclub/

Address
joyclub@mail.maneimal.co.jp